リキッド フィルタ

Fuel:  How can I find out which type of resin treatments are available on your media?

お客様の用途に推奨される、フィルタろ材に適用できる樹脂処理のタイプについては、弊社担当者がご説明します。This will vary based on the type of application. We do treat our media in order to add strength, modify filter performance, and to improve water resistance/separation.

Hydraulic:  What is the maximum temperature that H&V's media can operate in?

当社のフィルタろ材は、温度180°Fの油への連続暴露に耐えられるよう設計されています。

Hydraulic:  What is the difference between single phase and dual phase media?

Dual phase media are produced using H&V’s proprietary manufacturing techniques to have a gradient density within one layer of paper. This allows the dual phase media to have higher dust loading capacity than single phase media created by H&V or our competitors.

Hydraulic:  How do I choose a laminated grade if I need more strength in my application?

まず、お客様のフィルタ要件(例えば、5ミクロンのフィルタ用途)に基づいて、お客様に適切な基本グレードを選択していただきます。次に、お客様の強度要件を満たすように基本グレードにラミネートする適切な製品を当社が決定いたします。

ラミネート加工と補助プリーツ加工の違いを教えてください。

Lamination is done at our mills, and the additional scrims or media are physically joined into a single media. In co-pleating the layers are not physically attached to each other. Using a laminated product can allow you to get more layers in your filter than is possible by co-pleating.

Coalescer:  Why are glass fiber media preferred versus standard cellulose media for coalescing applications?

ガラス繊維のフィルタろ材は、他のフィルターろ材よりも水分除去と差圧間の関係が良好であることが現在認められています。その改善の理由は、直径0,2µまでのマイクロガラス繊維が入手可能になったことにあります。

Coalescer:  Are there industry standards on water removal?

水分は、軍事用で最大5ppm、民生用で最大15ppmまで除去する必要があります。H&Vのコアレッシングフィルタろ材はこれらの目標を達成します。

Coalescer:  Is a prefilter needed?

プレフィルタによってフィルタの寿命が伸びます。一般に、プレフィルタには木材パルプが使用されます。

Process Fluids/Water:  What polymers make up filtration media for water and process fluids?

H&Vでは、セルロース、マイクロファイバーガラス、ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン、その他ご要望に応じて、さまざまなポリマーや繊維タイプのフィルタろ材を提供しています。

Process Fluids/Water:  Why are these different polymers offered?

H&Vでは、さまざまな耐薬品性、耐熱性をもったポリマーやフィルタろ材のミクロンレベルでの効率に直接影響を与える繊維サイズなどご提案しています。たとえば、ポリプロピレンはさまざまな薬品への耐性が高いものの、ポリエステルやガラスよりも耐熱性が低くなります。多くのポリマー製品を提供することで、さまざまな極性、pH、および酸化特性を持つ広範な液体流を処理するためのソリューションをお勧めすることができます。

Process Fluids/Water:  Does H&V offer FDA compliant media?

H&Vでは、FDA準拠グレードのガラス、ポリプロピレン、およびポリエステルポリマーを製造しています。特定のグレードがFDA準拠であるかどうかは、H&V担当者にお問い合わせください。

  • ポリプロピレン(21CFR177.1520)
  • PBT polyester ( 21CFR177.1660)

当社のファイバーガラスグレードは一部、FDAに準拠しています。FDAファイバーガラスグレードの推奨製品については、H&V担当者にご確認ください。

  • ファイバーガラス(21CFR 177.2410および177.2420)
  • ファイバーガラスグレードのアクリル ラテックス バインダー(21 CFR 175.105、175.300、176.170、176.180、177.1010、177.2260)

Process Fluids/Water:  Are H&V media NSF certified?

H&Vのメルトブローグレードの一部は、NSFの認証を獲得しています。特定のメルトブローグレードがNSFの認証を獲得しているかどうかは、H&V担当者にお問い合わせください。

Process Fluids/Water: How do I evaluate media performance and its suitability for a filter?

適切なフィルタろ材を選択する際に考慮すべき重要な特性が3つあります。所定のミクロンサイズでの効率、初期圧力制限、および所定の流量での粉塵保持能力です。フィルタろ材を指定する際は、フィルタが除去するように設計されている、特定のミクロン粒子サイズの除去効率を理解することが重要です。H&Vは選択時に役立つように、一部のフィルタろ材について、所定の流量におけるさまざまなミクロンサイズのフィルタろ材の効率を明確に示す効率曲線をご提供しています。フィルタろ材の初期の圧力損失または流束を考慮する必要があります。一般に、効率と流束または圧力損失はトレードオフ関係にあり、効率が上がると、流束が低下します。用途に適したフィルタろ材を選択するには、最小のエネルギー量で最大流量が得られるように、できるだけ圧力損失が少なく、ミクロン等級に合った目的の効率が得られるフィルタろ材を選択する必要があります。粉塵保持能力もまた、使用中のフィルタの寿命を左右するという点で重要であり、最適なフィルタろ材を選択する際には考慮する必要があります。

Process Fluids/Water: What is BETA Ratio?

BETA比は、特定のミクロンサイズのフィルタろ材の性能を測定するために使用されます。フィルタを通過できない、特定のミクロンサイズの粒子数を、フィルタを通過する同じミクロンサイズの粒子数で割った数値です。

Process Fluids/Water: Does H&V offer membrane media?

H&Vではメンブレンを製造していませんが、ナノファイバーを使用して製造した、当社の特許取得済みNanowebフィルタろ材を提供しています。Nanowebの性能特性および細孔構造はメンブレンと似ていますが、低価格です。これらのフィルタろ材は、高い粉塵保持能力を持つ標準的な内部ろ過フィルタろ材と、表面ろ過メンブレンフィルタろ材の隙間を埋めることができ、その理由から、非常に目が詰まっているメンブレンフィルタろ材のプレフィルタとして有効です。このフィルタろ材には、カレンダー加工されたものと加工されていないものがあり、5ミクロンの繊維サイズでポリプロピレン製とポリエステル製が用意されています。

Process Fluids/Water: Can H&V offer media with a scrim or reinforcing media to enhance durability and pleating characteristics?

H&Vでは、ガラスおよびメルトブローフィルタろ材製品ラインナップでスクリム(表皮)を使用したフィルタろ材を提供しています。

Fuel: Can your media be used with bio-fuels?

Yes, all of our media are compatible with exposure to bio-fuels. To get the best performance in bio-fuel filtration, you should consult with your account manager to find the best media for your application.

燃料:ガラスや複合燃料のフィルタろ材の設計に使用されているマイクロガラスは、コモンレール・ディーゼルシステムに使用しても安全ですか?

When properly manufactured, H&V microglass media has proven to work effectively and safely in common rail diesel systems. In fact, the inclusion of microglass is responsible for the higher efficiency and higher permeability of our many of our fuel media.

Fuel: Does H&V make media with meltblown?

Yes, H&V provides a full suite of fuel media made with cellulose, microglass, synthetic, and meltblown fibers. We can supply 100% meltblown media or composite media of meltblown and cellulose which provide the optimum combination of efficiency and filter capacity.

Fuel/Water Separation:  Why are glass fiber media preferred versus standard cellulose media for coalescing applications?

直径の小さい繊維は、水除去と差圧の関係が他のフィルタろ材よりも優れているため、ガラス繊維フィルタろ材をお勧めします。

Fuel/Water Separation:  Are there industry standards on water removal?

水分は、軍事用で最大5ppm、民生用で最大15ppmまで除去する必要があります。H&Vのコアレッシングフィルタろ材はこれらの目標を達成します。

Fuel/Water Separation:   Is a prefilter needed?

プレフィルタを使用するとフィルタの寿命が伸びます。一般に、このフィルタろ材のタイプには木材パルプが使用されます。