バッテリ セパレータ

+ すべて表示する

制御弁式鉛蓄電池 (VRLA)

動力:H&Vの最低発注量の要件は何ですか?

H&Vの一般的なMOQは、商用注文では5,000lbsです。

Motive Power: What is the lead time for H&V battery separator?

サービスは、H&Vのバッテリーセパレータ事業の基本です。当社は、すべてのお客様に15営業日以内に最終製品を出荷することを目標にしています。

Motive Power: Why use synthetic fibers in battery separator?

合成繊維はセパレータに正しく組み込むことで、強度を向上させます。また、プレート欠陥が原因で穴が生じるのを防ぎ、バッテリー組立でのスクラップを減らします。バッテリーの全寿命を通じて、耐振性と圧縮回復性能が向上します。

Motive Power: Are synthetic fibers stable in acid?

酸性環境では正しい合成繊維を選択することが重要です。H&Vの合成繊維を利用すると、セパレータ製造工程で化学的安定性と適切な機能の両方を確保できます。

Motive Power: Can H&V produce globally?

H&V produces AGM battery separators across Great Britain, China, and the United States—utilizing four plant locations and five manufacturing lines. Global customers can be assured of the same product and quality regardless of its origin.

動力: H&Vセパレータの坪量範囲を教えてください。

H&Vは、あらゆる用途に向けて、カスタムセパレータを設計しています。特定の重さ(坪量)が必要であれば、当社がご用意いたします。現在、最も人気の高いグレード範囲は、130~490gsmです。その他の重さもご要望にお応えします。

Motive Power: What is the thickness range of H&V separators?

H&Vは、お客様のご希望の製品仕様に合わせることができます。お客様の設計に必要な厚みをご用意いたします。現在、最も人気の高いグレードは、0.9~3.4mmの範囲です(BCI 3a-T4検査基準に従って10kPaで測定)。

Motive Power: How do you test thickness?

厚みは、圧力10kPaで負荷をかけて高精度電子キャリパーゲージで測定しています。ご要望に応じて、20kPaおよび日本工業規格の測定もいたします。

Motive Power: What is EnergyGuard®?

EnergyGuard®とは、H&V製 AGMセパレータの専用ブランドです。EnergyGuard®セパレータは、マイクロガラス繊維と合成繊維からなる特殊なファーニッシュを使用しています。従来の全ガラス製セパレータの機能をすべて備え、さらに優れた引張強度と破裂強度を備えています。この特長により、バッテリー製造における不良率を減少し、特に、ペースト塊による穴開きや巻き戻しによる引き裂きを低減します。EnergyGuard®はこの5年間で成長を遂げ、現在、AGMセパレータ市場で大きなシェアを占めています。

SLI Stop-Start: What is Start-Stop technology?

アイドリングストップは、アイドリング中に車のエンジンを停止させる新しい自動車プラットフォームです。都市部を走行する際(赤信号での停止時など)の排気削減は、5~10パーセント以上に達します。しかし、課題がないわけではなく、頻繁にエンジンをかけることは、バッテリーへの大きな負担となります。従来の鉛蓄電池は、アイドリングストップが抱える課題に応えられませんでした。現在、自動車メーカーは、アイドリングストップ車のバッテリーとしてAGM密閉型鉛蓄電池を選択しています。AGMバッテリーは、頻繁な再始動と部分充電状態(PSoC)の課題を克服するための性能を備えています。H&Vは、3大陸の製造拠点で世界有数のアイドリングストップセパレータを製造しています。

SLI Stop-Start: What does “PSoC” mean?

「PSoC」は「Partial State of Charge(部分充電状態)」の略で、アイドリングストップバッテリーが完全に充電された状態になる前に放電が要求されることを意味します。液式鉛蓄電池では、PSoCが発生すると、寿命が大幅に短くなります。AGMバッテリーにより、自動車業界はこの課題を克服することが可能になりました。AGM鉛酸は、電荷受容率を高め、正極活物質のプレート剥離を低減し、酸成層化への耐性を高めることで、PSoCニーズに対応します。