• Adhesive Bonding:  Adhesive is applied either to the entire surface area of the material, or to discrete points to bond materials together.

超音波による接着: ウェブの特定のエリアに集中して超音波振動を与えることで、繊維を柔らかくし、圧力をかけます。ウェブが冷めると接着点が固まり、ウェブが結合します。

• Calendar Bonding:  The web is bonded by using a calendar to apply heat and pressure. Area and point bonding are the two primary methods used. Area bonding involves two smooth calendars through which the web is passed. Point bonding involves one patterned and one smooth calendar, resulting in a loftier and textured web.

機能性粒子を組み込んだウェブ:H&Vは2つの独自の工程を採用し、機能性粒子を組み込んだウェブを形成しています。これらのウェブは粒子と吸着フィルターを組み合わせる必要があるお客様の用途に合わせて設計された複合材料です。