当社の乾式法では、ステープルファイバーの汚れを取り除き分離してから、ワイヤーや歯の付いたドラムに巻き取るカードウェブ形成工程を採用しています。当社は以下のようなウェブ結合方式を提供しています。

• カレンダー接着または熱的接着: カレンダーで熱と圧力を加え、ウェブを接着します。主にエリア接着とポイント接着が使用されています。エリア接着では、2つの平滑なカレンダーを使い、その上にウェブを通過させます。ポイント接着では、パターン加工された平滑なカレンダーを1つ使って織り目加工のウェブを形成します。

• 化学的接着またはラテックス接着:化学的接着では、ウェブを形成する際に使用する繊維を固定します。ウェブを結合するのにラテックスバインダーを使用する場合、ウェブにさまざまな特性を加えることができます。 たとえば、お客様の材料にヒートシール性、難燃性、はがれにくい、破れにくいなどの特性を加えたり、着色することもできます。

• スルーエア接着: オーブンを移動する間にウェブ表面に熱風をあてることで、非常に嵩高い柔軟性のある材料が製造できます。

 Needlepunching:  Using barbed needles to mechanically entangle the web, we produce a very strong, yet lofty nonwoven.

H&V produces filtration and industrial products with these processes ranging in weight from 15 to 500 g/m2 and incorporate polyester, rayon, bicomponent, and polyethylene staple fibers.