英 語
中国語
スペイン語
英 語
ドイツ語
日本語

よくあるご質問

よくあるご質問

バッテリ セパレータ

+ すべて表示する

制御弁式鉛蓄電池 (VRLA)

Q:

動力:H&Vの最低発注量の要件は何ですか?

A:

H&Vの一般的な最低発注量は5,000ポンド(約2,250kg)です。

Q:

動力:H&Vバッテリーセパレータのリードタイムはどのくらいですか?

A:

サービスは、H&Vのバッテリーセパレータ事業の基本です。当社は、すべてのお客様に15営業日以内に最終製品を出荷することを目標にしています。

Q:

動力:バッテリーセパレータに合成繊維を使用するのはなぜですか?

A:

合成繊維はセパレータに正しく組み込むことで、強度を向上させます。また、プレート欠陥が原因で穴が生じるのを防ぎ、バッテリー組立でのスクラップを減らします。バッテリーの全寿命を通じて、耐振性と圧縮回復性能が向上します。

Q:

動力:合成繊維は、酸に対して安定ですか?

A:

酸性環境では正しい合成繊維を選択することが重要です。 H&Vの合成繊維を利用すると、セパレータ製造工程で化学的安定性と適切な機能の両方を確保できます。

Q:

動力:H&Vは世界規模で製造を行っていますか?

A:

H&Vは、AGMバッテリーセパレータを英国、中国、米国にある4つの工場と5つの製造ラインで製造しています。どの拠点からでも、世界各地のお客様に同じ製品を同じ品質でお届けいたします。

Q:

動力: H&Vセパレータの坪量範囲を教えてください。

A:

H&Vは、あらゆる用途に向けて、カスタムセパレータを設計しています。特定の重さ(坪量)が必要であれば、当社がご用意いたします。現在、最も人気の高いグレード範囲は、130~490gsmです。その他の重さもご要望にお応えします。

Q:

動力:H&V製セパレータの厚み範囲を教えてください。

A:

H&Vは、お客様のご希望の製品仕様に合わせることができます。お客様の設計に必要な厚みをご用意いたします。現在、最も人気の高いグレードは、0.9~3.4mmの範囲です(BCI 3a-T4検査基準に従って10kPaで測定)。

Q:

動力:厚みはどのような試験を行いますか?

A:

厚みは、圧力10kPaで負荷をかけて高精度電子キャリパーゲージで測定しています。ご要望に応じて、20kPaおよび日本工業規格の測定もいたします。

Q:

動力:EnergyGuard®とは何ですか

A:

EnergyGuard®とは、H&V製 AGMセパレータの専用ブランドです。EnergyGuard®セパレータは、マイクロガラス繊維と合成繊維からなる特殊なファーニッシュを使用しています。従来の全ガラス製セパレータの機能をすべて備え、さらに優れた引張強度と破裂強度を備えています。この特長により、バッテリー製造における不良率を減少し、特に、ペースト塊による穴開きや巻き戻しによる引き裂きを低減します。EnergyGuard®はこの5年間で成長を遂げ、現在、AGMセパレータ市場で大きなシェアを占めています。

Q:

SLIアイドリングストップ:アイドリングストップ技術とは何ですか?

A:

アイドリングストップは、アイドリング中に車のエンジンを停止させる新しい自動車プラットフォームです。都市部を走行する際(赤信号での停止時など)の排気削減は、5~10パーセント以上に達します。しかし、課題がないわけではなく、頻繁にエンジンをかけることは、バッテリーへの大きな負担となります。従来の鉛蓄電池は、アイドリングストップが抱える課題に応えられませんでした。

 現在、自動車メーカーは、アイドリングストップ車のバッテリーとしてAGM密閉型鉛蓄電池を選択しています。AGMバッテリーは、頻繁な再始動と部分充電状態(PSoC)の課題を克服するための性能を備えています。H&Vは、3大陸の製造拠点で世界有数のアイドリングストップセパレータを製造しています。

Q:

SLIアイドリングストップ:PSoCとはどういう意味ですか?

A:

「PSoC」は「Partial State of Charge(部分充電状態)」の略で、アイドリングストップバッテリーが完全に充電された状態になる前に放電が要求されることを意味します。液式鉛蓄電池では、PSoCが発生すると、寿命が大幅に短くなります。AGMバッテリーにより、自動車業界はこの課題を克服することが可能になりました。AGM鉛酸は、電荷受容率を高め、正極活物質のプレート剥離を低減し、酸成層化への耐性を高めることで、PSoCニーズに対応します。

リチウム 1次電池

Q:

一次リチウム:一次リチウム電池とは何ですか?

A:

蓄電業界で「一次」に分類される電池は使い捨て用に設計されており、放電専用で充電できません。これに対して、「二次」電池とは充電可能な電池のことです。リチウム活性物質を使用するよう設計された一次電池は、特殊な化学反応を利用します。H&Vでは、リチウムチオニル化学反応専用の一次リチウムセパレータを製造しています。

Q:

一次リチウム:H&Vはリチウムイオンバッテリーセパレータを供給していますか?

A:

現在のところ、H&Vでは一次リチウム市場だけにセパレータを提供しており、リチウムイオン市場には提供していません。

ハイ‐セップ (Hi-Sep)

Q:

 

A:

 

Q:

 

 

A:

 

 

Q:

何故、ハイ‐セップは自動車用途に適しているのですか?

A:

ハイ‐セップはそれがもつ低電気抵抗と高い空隙率により、クランキングの際の電圧ロスを最小限に抑えることが出来るためです。 そのフラットなセパレータデザインにより、大型トラックの振動により起きる活物質の脱落を防ぎます。 ハイ‐セップの高い電極酸化性は、エンジンルーム内での高寿命化を助けます。

Q:

何故、ハイ‐セップは動力用途に適しているのですか?

A:

ハイ‐セップは高い空隙性、電気化学酸化性に加え、このセグメントではより低い電気抵抗特性をもっているためです。 ハイ‐セップはその低い電気抵抗ロスのおかげでワット時効率を最大化します。

H&Vはハイ-セップセパレータをリブやガラスマットのコンビネーションで生産し、そのキャパシティーや充電受け入れ性能を増加させる正極板の酸の有効性を高めます。 リブやガラスマットのもうひとつの利点は、ディープサイクルに対して、確実に保護することです。

Q:

何故、ハイセップはスタンバイユースに適しているのですか?

A:

ハイ‐セップの高い電解酸化性と低い電気抵抗は、電気抵抗ロスを最小限にするフロート充電用途に有効です。 私たちの非溶出性のセパレータは、その寿命を通して最適化されたバッテリーマネージメントシステム(BMS) を助けます。

Q:

ハイ-セップとは何ですか?

A:

ハイ-セップ バッテリーセパレータは液型鉛蓄電池用途用に設計されたものです。 浸出性のものは含まず、マイクロガラス繊維、化繊、フィルタおよびバインダーで構成されています。 ハイ-セップはもともと低い電気抵抗をもち、そのクラスで最も高い空隙率と電極酸化性を示します。 ハイ-セップがもつこのような特性が、亜帯などの厳しい環境耐性を可能にします。

Q:

何故、鉛酸セパレータには耐電解特性が必要なのですか?

A:

耐電解酸化性はセパレータにおいて、非常に有効で、過充電などの結果として発生した酸素や過酸化鉛からの酸化攻撃に対して、敏感でないことを意味します。

Q:

ハイ‐セップバッテリーセパレータに保管寿命はありますか?

A:

ハイ‐セップセパレータには、保管寿命限界はありません。

Q:

ハイ‐セップはオイル溶出性をもちますか?

A:

いいえ、ハイ‐セップはオイル溶出性はもっておらず、1.8g/cc98の硫酸にも安定しています。

Q:

ハイ-セップの厚みはどのように測定しますか?

A:

ハイ‐セップの厚みは3.5kPaの圧力で25mm押さえて測定します。

Q:

自動車やSLI用途のハイ‐セップセパレータの厚みはどれくらいの範囲ですか?

A:

ハイ-セップ セパレータはウエブ厚0.3~0.5mmまで対応しておりますが、全厚はリブやガラスマットと合わせて最高2mmまでとなります。

Q:

ハイ‐セップは自動プレート包装に適していますか?

A:

はい、ハイ‐セップバッテリーセパレータは高速プレート包装機にも使用できます。

Q:

ハイ-セップはどのような形状で、供給出来ますか?

A:

ハイ-セップはカットピースやエンベロープ、手組み立て用のポーチ、自動プレート包装機用のロールなどでも供給が可能です。

産業用製品

+ すべて表示する

高性能複合ろ材

Q:

合成摩擦材:H&Vはどのような摩擦材を販売していますか?

A:

H&Vは、湿式摩擦用途で使用される湿式不織布を製造しています。このタイプの材料の一般的な最終用途は、オートマチックトランスミッションです。

Q:

合成摩擦材:H&Vは、基材または完全に含浸させた材料を販売していますか?

A:

H&Vは、摩擦基材とフェノール樹脂含浸材料のどちらも販売しています

Q:

合成摩擦材:H&Vはさまざまな摩擦材を販売していますか?

A:

H&Vは、アラミド繊維、炭素繊維、コットンリンター、グラファイトをはじめとする、さまざまな成分に基づいた材料を販売しています

Q:

合成摩擦材:H&Vは、どのような形状の摩擦材を販売していますか?

A:

H&Vは、摩擦材をシートまたはロールで販売していますが、特定の要件では提供可能な形状に一部、制限がありますので、詳細については、H&V担当者にお問い合わせください。

Q:

合成摩擦材:ベースシートと樹脂の両方について、こちらの配合で摩擦材を製造してもらうことはできますか?

A:

当社は、ほとんどの製品を自社で配合しますが、お客様が指定された原材料と条件に従った摩擦材の製造もいたします。

Q:

合成摩擦材:ベースシートと樹脂の両方について、こちらの配合で摩擦材を製造してもらうことはできますか?

A:

当社は、ほとんどの製品を自社で配合しますが、お客様が指定された原材料と条件に従った摩擦材の製造もいたします。

衣料用途

Q:

刺繍裏地:どのような裏地を選べばよいですか?

A:

裏地を選ぶときには、布の安定性、デザインのサイズ、縫い目の密度、縫合速度、デザインの安定性など、すべての要素を検討する必要があります。どの種類の裏地を使用する場合でも、縫合工程でずれない安定性が必要です。

Q:

刺繍裏地:何種類の裏地を扱う必要がありますか?

A:

少なくとも、中量のカッタウェイが1種類、軽量のティアウェイが1種類、帽子裏地が1種類必要です。

Q:

刺繍裏地:ティアウェイとカッタウェイの使い分けはどのように判断しますか?

A:

ほとんどの刺繍には、裏地としてティアウェイをお勧めします。通常、ティアウェイはカッタウェイよりデザインをより速く、確実に、安価で仕上げることができます。カッタウェイは、繊細で伸びやすい布に対して、縫合工程とその後工程で変形しない下地が必要な場合に使用します。

Q:

刺繍裏地:帽子の刺繍用に使用する特別な裏地はありますか?

A:

はい、文字を鮮明にするには、帽子裏地を使用します。これは、薄型で形が不安定な帽子では特に重要です。裂けない裏地は、縫い糸が抜けるのを防止するために、非常に重要です。

Q:

刺繍裏地:子供服用に安全な裏地はありますか?

A:

繊維組成により子供服の要件を満たすバインダーレス裏地のグレードを販売しています。

Q:

刺繍裏地:縫い目の多いデザインには、どの裏地を使用すればいいですか?

A:

重量のカッタウェイ(3.0または3.5oz)を使用するか、中量を2枚重ねることができます。縫い目が多いものとは、通常、10,000ステッチ以上を指します。帽子の場合、縫い目が多くても標準的な 3.0oz 帽子裏地で十分です。

Q:

洗濯表示タグ:何種類のタグがありますか?

A:

セルロースベースの2つのグレードがあります。1つは、ドット マトリックス プリンター用に設計されており、もう1つはレーザープリンター、インクジェットプリンター、またはフレキソ印刷機用によく使用されます。

Q:

洗濯表示タグ:製品の色は何色ありますか?

A:

現在は白のみです。タグを印刷する場合は、見栄えをよくするためにカラープリンターが多く使用されます。背景を白以外の色にする場合は、まず背景用に全面をカラー印刷してから、2回目に説明書きを印刷します。

Q:

洗濯表示タグ:どのような幅と構成で販売していますか?

A:

当社は、販売業者の加工機器に対応したスリット幅の大型ロールを販売しています。販売業者は、穴開けダイカット加工を行い(完成品タグサイズ)、連続プリンター用にサイドピンフィード穴を開けるか、または単にシート フィード プリンター用の穴開きシート(8.5 X 11インチ)を販売します。

Q:

ウエストバンド芯材:どのような種類のウエストバンド芯材を製造していますか?

A:

エッジのロールオーバーや巻き上がりを防ぐ変形しない材料をご提供しています。さらに弾性成分により伸縮するストレッチウエストバンド素材を製造しており、快適なウエストバンドを作るために使用されています。

Q:

ウエストバンド芯材:ウエストバンド製品は洗濯またはドライクリーニング可能ですか?収縮性は制御されていますか?

A:

当社のウエストバンドは、衣料品の使用期間を通じて、収縮が業界標準である3%未満になるように設計された原材料を使用しています。当社の製品は、すべて洗濯およびドライクリーニング可能です。

Q:

ウエストバンド芯材:何色がありますか?

A:

形状安定性のあるウエストバンドグレードを白と黒でご用意しています。黒は、白が透けて見えないように濃い色の布地と使用します。

Q:

ウエストバンド芯材:H&Vはスリットまたは穴開きのウエストバンドキャンバスをロールで提供していますか?

A:

いいえ。H&Vは大規模製造業者であり、当社の不織布ウエストバンド製品は、すべて織物加工業者を通じて販売されます。お近くの織物加工業者については、当社までお問い合わせください。

ホーム・インテリア

Q:

窓用装飾品:H&Vの最低発注量を教えてください。

A:
  1. ほとんどの商用湿式グレードは、2,000~3,000線ヤードのマスターロールでご提供しています。
  2. ほとんどの商用乾式不織布は、最低発注量5,000線ヤードでご提供しています。
Q:

カーテン芯地:H&Vは織布芯地を製造していますか?

A:

いいえ。当社は不織布芯地のみを製造しています。 H&Vは、この製品を40年以上、Hovotexブランドで販売してきました。 既製品のカーテンに加え、オーダーメードの製品も高い実績があります。

Q:

カーテン芯地:スリット幅あたりの最低発注量を教えてください。

A:

10,000線ヤードです。

 

Q:

カーテン芯地:どのような幅の製品を販売していますか?

A:

 最も人気が高いのは、4インチですが、1.0~60インチを販売しています。

Q:

カーテン芯地:標準的な構成を教えてください。

A:

Hovotexは、1.5インチIDコアで長さ100ヤード、25ロール入りです。

Q:

カーテン芯地:Hovotexは洗濯できますか?洗濯後に剛性は維持されますか?

A:

はい、洗濯およびドライクリーニング可能です。繰り返し洗っても剛性は維持されます。

Q:

カーテン芯地:リードタイムはどのくらいですか?

A:

2~3週間です。

Q:

カーテン芯地:3130HSの接着剤は、どのように使用しますか?

A:

3130HSのヒートシール接着剤は、アイロンを使って熱融着させます。これは、ピンチプリーツをカーテンに縫い付ける間、芯地を布地の上に固定して縫いやすくするための仮留めです。

 

Q:

カーテン芯地:Hovotexはどこで製造され、どこから出荷されるのですか?

A:

Hovotex芯地は、すべて米国で製造され、ニューヨーク州グリニッチの工場から出荷されます。

Q:

窓用装飾品:H&Vは、窓用装飾品用にどのような不織布を販売していますか?

A:
  1. セルロース、ポリエステル、またはその両方を使用した湿式タイプ
  2. 乾式ラテックス接着(ポリエステル繊維およびラテックス製)、またはエア接着あるいはポイント接着による熱接着平滑ロール。 当社の熱接着製品は、ほとんどが100%ポリエステルで作られています。
  3. また、メルトブロー乾式不織布も販売しています。
Q:

窓用装飾品:H&Vでは、どのような加工工程を提供していますか?

A:

カスタム スコア カット スリット、ラミネート、接着剤コーティングがあります。

Q:

窓用装飾品:どのような幅がありますか?

A:
  1. 湿式不織布は、115インチまでご用意しています。
  2. ほとんどの化学接着および熱接着乾式不織布は、幅74インチまでご用意しています。
  3. メルトブロー不織布は、幅86インチまでご用意しています。
  4. 暗室用や遮光用の複合材料は、幅72インチまでご用意しています。
Q:

窓用装飾品:H&Vの不織布がこの市場にもたらすメリットは何ですか?

A:

美的外観の統一性(窓に掛けたとき)、厚み、信頼性の高い物理的性能がもたらす剛性

Q:

窓用装飾品:H&Vの不織布のセールスポイントとなる物理特性は何ですか?

A:
  1. ラテックス接着不織布は、本質的に難燃化したり、抗菌、静電気防止、その他の処置を施すことができます。
  2. 熱接着不織布は、種類に応じて、8~100%の接着で17~240gsmが可能です。
  3. 暗室用複合材料を使用すると省エネになり、明るさを制御できます。
  4. 窓用のH&V不織布は、すべてUV安定です。
Q:

窓用装飾品:H&Vの不織布が優れているのはなぜですか?

A:

当社は、お客様の最終用途に必要な重要技術要件(CTQ)を研究し、それを満たす不織布を設計しています。

Q:

窓用装飾品:H&Vは市場知識と市場の方向性に何をもたらしますか?

A:

H&Vは、社内資源を利用して関心市場の調査と製品ロードマップの策定に取り組み、今後3~5年の市場の方向性と、開発すべき製品を見極め、その調査結果(製品ロードマップ)をお客様に提示します。

高機能ファイバー不織布 (AFN)

Q:

表面被膜:AFNグループで、当社の仕様に合う不織布を製造してもらうか、または当社が供給する繊維やその他の材料を使用してもらうことはできますか?

A:

AFNは、さまざまな用途のカスタムエンジニアウェブを専門としています。 当社は、機密保持契約の下で日常業務を行っており、当社の健康と安全性に関する基準を満たす限り、お客様提供の原材料も使用できます。 AFNは、完全な製造能力のある35.5インチ(90cm)幅の量産マシンで、少量の「パイロットライン」の製品を製造できる独自の機能を備えています。

Q:

表面被膜:被膜はどこで製造していますか?

A:

ジョージア州ホーキンスビルです。

Q:

表面被膜:製造されているAFN表面被膜の重量と幅を教えてください。

A:

H&Vは、4~212gsmの超軽量被膜として、35.5インチ幅(90cm)の材料を提供できます。

Q:

表面被膜:表面被膜とは何ですか?またどのように使用されますか?

A:

表面被膜は一般には軽量の不織布で、腐食、摩耗、静電気放電から保護し、繊維状物質の多層積層体内の微小クラックを防止し、欠陥をカバーします。これらはしばしば配管や保持容器の内側および外側の表面を非常に平滑にするために使用されます。ホログラフィック繊維のように人目を引く材料とさまざまな繊維の混合品は、複合材のスポーツ用品、スキー、スノーボード、釣り竿、自転車用ヘルメットなどの装飾用途に使用できます。これらの用途での繊維は強化用部品と装飾の最終仕上げの両面の機能を発揮します。

Q:

表面被膜:H&Vの複合材料では、どのような種類のバインダーを使用していますか?

A:

エポキシ樹脂を含む、ほとんどの複合樹脂系に適合するように設計されたさまざまなバインダーを使用しています。当社のバインダーの多くはウェットアウト後に分解し、非常に平滑な表面を形成するように設計されています。

Q:

表面被膜:H&Vは、FRP(繊維強化プラスチック)分野ではどのような種類の材料を製造していますか?

A:

H&Vのアドバンストファイバー不織布グループは、高度な合成繊維を必要とするさまざまな用途向けにウェブをカスタム設計しています。 AFNの技術者達は、PAN炭素繊維、金属繊維、金属被膜繊維、ECRやCガラスを含むさまざまなガラ­ス繊維、アラミド繊維、パラアラミド繊維などから慎重に材料を選びます。実際、AFNでは、繊維状に形­成できる材料であれば、ほとんどすべての材料から「紙」を生産することができます。

Q:

シールド:AFNグループで、当社の仕様に合う不織布を製造してもらうか、または当社が供給する繊維やその他の材料を使用してもらうことはできますか?

A:

AFNは、さまざまな用途のカスタムエンジニアウェブを専門としています。 当社は、機密保持契約の下で日常業務を行っており、当社の健康と安全性に関する基準を満たす限り、お客様提供の原材料も使用できます。 AFNは、完全な製造能力のある35.5インチ(90cm)幅の量産マシンで、少量の「パイロットライン」の製品を製造できる独自の機能を備えています。

Q:

シールド:落雷保護(LSP)用には、どのような製品を製造していますか?

A:

ニッケル被覆炭素被膜は打撃力を分散させ構造物を損傷しません。詳細については、このWebサイトに掲載されている本テーマに関するホワイトペーパーをご覧ください。

Q:

シールド:固有の表面抵抗を持つ材料を供給していますか?

A:

はい。表面抵抗は1平方あたりのオーム数で表します(Ω/平方)。グレード別の具体的な値についてはこのWebサイトのデータシートをご覧ください。

Q:

シールド:ほとんどのシールド用途ではどのような繊維が使用されますか?またその理由は?

A:

導電/反射用にニッケル被覆カーボン、ステルス機に低被観測性が必要な場合はカーボン/ガラス混合

Q:

シールド:導体を開発した目的用途は何ですか?

A:

X線装置用天板、マイクロ波吸収材、航空電子機器のシールド、ロケーターストリップ、燃料タンクの静電気除去、航空落雷保護、翼の除氷

Q:

シールド:H&Vの製品がシールドできる干渉には、どのようなものがありますか?

A:

RFI(無線周波干渉)シールド、EMI(電磁波干渉)シールド、MRI(磁気共鳴映像法)シールド、EMP(電磁パルス)シールド、ESD(静電気放電)電子機器保護

Q:

シールド:H&Vは、どのような種類のシールド製品を製造していますか?

A:

H&Vのアドバンストファイバー不織布グループは導電性繊維を必要とするさまざまな用途向けに導電性ウェブをカスタム設計しています。AFNの技術者達は、Saf'N'Shieldedの商品名で販売されるこれらの湿式不織布の重要な材料として、炭素繊維と金属被覆繊維を慎重に選定します。

工業用不織布

Q:

ステーショナリー:これらの材料はどのような用途に使用されますか?

A:

低強度の材料の堅牢性を高めるどのような用途にも使用できますが、金属留め具に使用する強化紙やノートの綴じた部分の補強用に設計されています。

Q:

ステーショナリー:ステーショナリーファスナー紙とは何ですか?

A:

これらの高強度の湿式不織布は、抄紙機で製造されますが、ポリマー樹脂を含浸させた天然および合成繊維の母材であり、強度、剛性、耐引き裂き性の高い製品を製造できます。

Q:

ステーショナリー:色付きのファスナー紙を製造していますか?印刷を施した製品は製造していますか?

A:

それぞれのお客様が配合したさまざまな色を製造していますが、製品への印刷は行っていません。 ご希望の最終製品を製造できる印刷業者を探すお手伝いをさせていただきます。

フィルタ用ろ材

+ すべて表示する

リキッド フィルタ

Q:

燃料: フィルタろ材に利用できる樹脂処理のタイプを調べる方法を教えてください。

A:

お客様の用途に推奨される、フィルタろ材に適用できる樹脂処理のタイプについては、弊社担当者がご説明します。これは、用途によって異なります。当社では、強度を高め、ろ過性能を改善し、水の抵抗/分離を向上させるために、フィルタろ材の処理を行います。

Q:

油圧: H&Vのフィルタろ材を使用可能な最高温度を教えてください。

A:

当社のフィルタろ材は、温度180°Fの油への連続暴露に耐えられるよう設計されています。

Q:

油圧: シングルフェーズのフィルタろ材とデュアルフェーズのフィルタろ材の違いを教えてください。

A:

デュアルフェーズフィルタろ材は、単層の紙に密度勾配をつける、H&Vの製造特許技術を使用して製造されています。そのため、デュアルフェーズフィルタろ材では、H&Vや競合他社が製造しているシングルフェーズフィルタろ材より高い粉塵保持能力を備えています。

Q:

油圧: 用途にさらに強度が必要な場合、ラミネートグレードをどのように選択すればよいですか?

A:

まず、お客様のフィルタ要件(例えば、5ミクロンのフィルタ用途)に基づいて、お客様に適切な基本グレードを選択していただきます。次に、お客様の強度要件を満たすように基本グレードにラミネートする適切な製品を当社が決定いたします。

Q:

ラミネート加工と補助プリーツ加工の違いを教えてください。

A:

ラミネート加工は当社の工場で行います。1つのフィルタろ材にスクリムやフィルタろ材を追加して物理的に結合します。補助プリーツ加工では、各層は物理的に互いに付着していません。ラミネート加工された製品を使用すると、補助プリーツ加工よりもフィルタを多層化することができます。

Q:

コアレッサー: コアレッシング用途に、標準的なセルロースフィルタろ材と比べて、ガラス繊維のフィルタろ材が推奨されるのはなぜですか?

A:

ガラス繊維のフィルタろ材は、他のフィルターろ材よりも水分除去と差圧間の関係が良好であることが現在認められています。 その改善の理由は、直径0,2µまでのマイクロガラス繊維が入手可能になったことにあります。

Q:

コアレッサー: 水分除去に関する業界標準はありますか?

A:

水分は、軍事用で最大5ppm、民生用で最大15ppmまで除去する必要があります。 H&Vのコアレッシングフィルタろ材はこれらの目標を達成します。

Q:

コアレッサー: プレフィルタは必要ですか?

A:

プレフィルタによってフィルタの寿命が伸びます。一般に、プレフィルタには木材パルプが使用されます。

Q:

プロセスフルード/水: 水およびプロセスフルードのフィルタろ材を構成するポリマーを教えてください。

A:

H&Vでは、セルロース、マイクロファイバーガラス、ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン、その他ご要望に応じて、さまざまなポリマーや繊維タイプのフィルタろ材を提供しています。

Q:

プロセス流体/水: これらのさまざまなポリマーが提供されているのはなぜですか?

A:

H&Vでは、さまざまな耐薬品性、耐熱性をもったポリマーやフィルタろ材のミクロンレベルでの効率に直接影響を与える繊維サイズなどご提案しています。たとえば、ポリプロピレンはさまざまな薬品への耐性が高いものの、ポリエステルやガラスよりも耐熱性が低くなります。多くのポリマー製品を提供することで、さまざまな極性、pH、および酸化特性を持つ広範な液体流を処理するためのソリューションをお勧めすることができます。

Q:

プロセス流体/水: H&VはFDA準拠のフィルタろ材を提供していますか?

A:

H&Vでは、FDA準拠グレードのガラス、ポリプロピレン、およびポリエステルポリマーを製造しています特定のグレードがFDA準拠であるかどうかは、H&V担当者にお問い合わせください。

  • ポリプロピレン(21CFR177.1520) 
  • PBTポリエステル(21CFR177.1660)

当社のファイバーガラスグレードは一部、FDAに準拠しています。FDAファイバーガラスグレードの推奨製品については、H&V担当者にご確認ください。

  • ファイバーガラス(21CFR 177.2410および177.2420)
  • ファイバーガラスグレードのアクリル ラテックス バインダー(21 CFR 175.105、175.300、176.170、176.180、177.1010、177.2260)
Q:

プロセスフルード/水: H&Vのフィルタろ材はNSFの認証を獲得していますか?

A:

H&Vのメルトブローグレードの一部は、NSFの認証を獲得しています。特定のメルトブローグレードがNSFの認証を獲得しているかどうかは、H&V担当者にお問い合わせください。

Q:

プロセスフルード/水:フィルタに対するフィルタろ材の性能とその安定性を評価する方法を教えてください。

A:

適切なフィルタろ材を選択する際に考慮すべき重要な特性が3つあります。所定のミクロンサイズでの効率、初期圧力制限、および所定の流量での粉塵保持能力です。

フィルタろ材を指定する際は、フィルタが除去するように設計されている、特定のミクロン粒子サイズの除去効率を理解することが重要です。H&Vは選択時に役立つように、一部のフィルタろ材について、所定の流量におけるさまざまなミクロンサイズのフィルタろ材の効率を明確に示す効率曲線をご提供しています。

フィルタろ材の初期の圧力損失または流束を考慮する必要があります。一般に、効率と流束または圧力損失はトレードオフ関係にあり、効率が上がると、流束が低下します。用途に適したフィルタろ材を選択するには、最小のエネルギー量で最大流量が得られるように、できるだけ圧力損失が少なく、ミクロン等級に合った目的の効率が得られるフィルタろ材を選択する必要があります。

粉塵保持能力もまた、使用中のフィルタの寿命を左右するという点で重要であり、最適なフィルタろ材を選択する際には考慮する必要があります。

Q:

プロセスフルード/水:BETA比とは何ですか?

A:

BETA比は、特定のミクロンサイズのフィルタろ材の性能を測定するために使用されます。フィルタを通過できない、特定のミクロンサイズの粒子数を、フィルタを通過する同じミクロンサイズの粒子数で割った数値です。

Q:

プロセスフルード/水:H&Vはメンブレンフィルタろ材を提供していますか?

A:

H&Vではメンブレンを製造していませんが、ナノファイバーを使用して製造した、当社の特許取得済みNanowebフィルタろ材を提供しています。Nanowebの性能特性および細孔構造はメンブレンと似ていますが、低価格です。

これらのフィルタろ材は、高い粉塵保持能力を持つ標準的な内部ろ過フィルタろ材と、表面ろ過メンブレンフィルタろ材の隙間を埋めることができ、その理由から、非常に目が詰まっているメンブレンフィルタろ材のプレフィルタとして有効です。

このフィルタろ材には、カレンダー加工されたものと加工されていないものがあり、5ミクロンの繊維サイズでポリプロピレン製とポリエステル製が用意されています。

Q:

プロセスフルード/水:H&Vは、耐久性とプリーツ加工性を向上させるためにスクリムを使用したフィルタろ材または補強フィルタろ材を提供していますか?

A:

 H&Vでは、ガラスおよびメルトブローフィルタろ材製品ラインナップでスクリム(表皮)を使用したフィルタろ材を提供しています。

Q:

燃料:フィルタろ材をバイオ燃料に使用できますか?

A:

はい、当社のフィルタろ材はすべて、バイオ燃料への暴露に適合しています。バイオ燃料のろ過で最高の性能を得るには、その用途に最適なフィルタろ材について弊社担当者にお問い合わせください。

Q:

燃料:ガラスや複合燃料のフィルタろ材の設計に使用されているマイクロガラスは、コモンレール・ディーゼルシステムに使用しても安全ですか?

A:

適切に製造されたH&Vマイクロガラスフィルタろ材は、コモンレール・ディーゼルシステムにおいて有効かつ安全に機能することが証明されています。実際に、マイクロガラスを加えることで、当社の多くの燃料用フィルタろ材の効率と浸透性が高まっています。

Q:

燃料:H&Vは、メルトブローを使用したフィルタろ材を製造していますか?

A:

はい、H&Vではセルロース繊維、マイクロガラス繊維、合成繊維、およびメルトブロー繊維を使用して製造した一連の燃料用フィルタろ材を提供しています。当社では、効率とフィルタ能力の最適な組み合わせを実現する、100%メルトブローフィルタろ材やメルトブローとセルロースの複合フィルタろ材を提供できます。

Q:

燃料/水の分離: コアレッシング用途に、標準的なセルロースフィルタろ材と比べて、ガラス繊維のフィルタろ材が推奨されるのはなぜですか?

A:

直径の小さい繊維は、水除去と差圧の関係が他のフィルタろ材よりも優れているため、ガラス繊維フィルタろ材をお勧めします。

Q:

燃料/水の分離: 水分除去に関する業界標準はありますか?

A:

水分は、軍事用で最大5ppm、民生用で最大15ppmまで除去する必要があります。 H&Vのコアレッシングフィルタろ材はこれらの目標を達成します。

Q:

燃料/水の分離:  プレフィルタは必要ですか?

A:

プレフィルタを使用するとフィルタの寿命が伸びます。一般に、このフィルタろ材のタイプには木材パルプが使用されます。

エアフィルタ

Q:

電化製品:適切なフィルタろ材を選ぶことは、掃除機や室内空気清浄器の最終的な性能にどのような影響を与えますか?

A:

最も重要なのは、所定の試験面速度におけるフィルタろ材のろ過効率と通気抵抗です。掃除機と室内空気清浄器はどちらも非常に速い面速度で動作するため、フィルタろ材の高い性能が求められます。

フィルタのサイズおよび有効面積が、フィルタの効率と抵抗に直接的な影響を与えます。有効ろ過面積が大きく、面速度が遅いほど、フィルタの抵抗は小さくなります。

Q:

電化製品: 掃除機や空気清浄器のような電化製品には、なぜ高性能フィルタろ材が必要なのですか?

A:

どちらのフィルタ用途も、消費者が家庭でより高いレベルの室内空気品質(IAQ)を求めていることに起因しています。掃除機はファイン微粒子を空気に拡散させずに集塵しなければなりません。室内空気清浄器は、空気からファイン微粒子をろ過して除去します。このような動作には、小さい空気抵抗と、HEPA効率やサブHEPA効率にも及ぶ、高いレベルのろ過が求められます。空気抵抗が小さいと、少ないエネルギーと最小サイズのモーターを使用しながら、掃除機の吸引力を最大にすることができます。同様に、室内空気清浄器も低抵抗フィルタろ材のメリットを生かし、空気がフィルタを通過する回数を最大限に増やすことができます。どちらの用途もフィルタに用意されたスペースが限られているため、目標とする効率と圧力損失を達成するには高性能フィルタろ材が必要です。

Q:

電化製品: 電化製品用のフィルタろ材にはどのような規格がありますか?

A:

ポータブル室内空気清浄器:

ANSI/AHAM AC-1-2006、

掃除機:

ASTM 141、

ASTM 1411 F2608、

ASTM F1977-04(2010)、

Certified Asthma & Allergy friendly Certification Program

Q:

電化製品:電化製品で最良の結果をもたらすのは、どのような種類のフィルタろ材構造ですか?

A:

当社のプリーツ加工可能な合成繊維およびマイクロファイバーガラスのフィルタろ材は、プリーツ構造用に設計されています。非常に高効率で低空気抵抗のTechnostatフィルタろ材は、掃除機でプレフィルタとして、またはポスト/排気フィルタとしてフラットシート構造で使用できます。Technostatは、プリーツ加工可能な構造用にプリーツ加工可能なメッシュも提供されています。当社のメルトブローフィルタろ材は、掃除機のバッグ内のライナーとして、セルロース紙または合成繊維フィルタろ材の効率を高めるために多く使用されています。

Q:

電化製品: H&Vは掃除機の排気フィルタ用のメンブレンフィルタろ材を提供していますか?

A:

H&Vではメンブレンを製造していませんが、ナノファイバーで作られた特許取得済みのNanowebフィルタろ材を提供しています。このフィルタろ材の性能特性および細孔構造はメンブレンと同様ですが、非常に低価格で、0.45~0.8絶対ミクロンの範囲の用途でメンブレンの代替品として使用できます。

Nanowebにはカレンダー加工されたものと加工されていないものがあり、0.5ミクロンの繊維サイズでポリプロピレン製とポリエステル製が用意されています。

Q:

電化製品: H&Vは、耐久性とプリーツ加工性を向上させるためにスクリムを使用したフィルタろ材または補強フィルタろ材を提供していますか?

 

A:

H&Vでは、ガラスおよびメルトブローフィルタろ材製品ラインナップでスクリム(表皮)を使用したフィルタろ材を提供しています。

 

Q:

クリーンルーム: HEPAおよびULPAは何の略ですか?

A:

HEPA = High Efficiency Particulate Air(高性能微粒子除去エアフィルタ)
ULPA = Ultra Low Penetration Air(超低ぺネトレーションエアフィルタ)

 

Q:

クリーンルーム:HEPA/ULPAフィルタにはどのような規格がありますか?

A:

使用される主な規格はEN1822です。ISO規格ではISO 29463が承認されています。どちらの規格も、フィルタ分類基準としてMPPSが使用されています。

Q:

クリーンルーム:MPPSとは何ですか?

A:

MPPS:Most Penetrating Particle Size(最大透過粒子径)
フィルタろ材の分離効率曲線(粒子径の関数としての透過率)を見ると、所定の試験条件下で最小効率(最大透過率)を示す粒子径が存在します。
EN1822に基づく分類では、この最小効率が使用されます。

Q:

クリーンルーム:HEPAおよびULPA用途にはどのような種類のフィルタろ材を使用できますか?

A:

フィルタろ材の種類はフィルタ構造によって異なります。HEPAおよびULPAフィルタでは、ディーププリーツフィルタとミニプリーツフィルタという2種類の製品が主に使用されます。 どちらの種類のフィルタにも薄くて硬いフィルタろ材が必要です。

Q:

クリーンルーム:HEPAおよびULPA用途には帯電フィルタろ材が必要ですか?

A:

フィルタろ材を帯電させると、微小粒子保持力が向上します。その結果、効率レベルを犠牲にせずによりオープンな構造のフィルタろ材を使用できます。 フィルタの圧力損失が緩和されます。
ただし、この電荷は、空気の汚染、温度、および湿度によって時間の経過と共に自然に散逸します。 効率は初期効率レベルより低下し、フィルタは必要な性能を満たさなくなります。
EN1822規格では、重量で20を超える合成繊維を含んでいるろ材を使用するフィルタは、試験前に放電する必要があると規定されています。

Q:

HVAC:HVACフィルタおよび用途にはどのような規格がありますか?

A:

使用される主な規格は、Ashrae 52.2(米国)およびEN779(欧州)です。

Q:

HVAC:Ashrae 52.2とEN779によって指定された等級に相関関係はありますか?

A:

どちらの規格も同様の機器を対象としていますが、実施される試験が異なります。
しかし、これらの規格を対応付けることができます。
EN779                    ASHRAE 52.2
M6                          MERV 11
F7                           MERV 12
F8                           MERV 14
F9                           MERV 15

Q:

HVAC:HVAC用途にはどのような種類のフィルタろ材を使用できますか?

A:

フィルタろ材の要件はフィルタ用途によって異なります。HVACでは、プリーツフィルタとポケットフィルタという2種類の製品が主に使用されます。 プリーツフィルタには薄くて硬いフィルタろ材が必要ですが、ポケットフィルタには嵩高い製品が必要です。

Q:

HVAC:帯電はフィルタろ材性能にどのような効果を与えますか?

A:

帯電は、ファイン微粒子のろ過性能を改善するために合成繊維フィルタろ材に対して行われる処理です。より粗い繊維を使用してオープンな構造を形成し、圧力損失を抑えることができます。

通常、帯電した合成材料は、時間の経過と共に電荷が失われ、性能が大幅に低下します。 初期と同様の性能を達成するには、そのフィルタ寿命を通して最低限のろ過性能を保証するため、より微細な繊維でメカニカルフィルタろ材を形成します。

Q:

HVAC:フィルタ分類規格で電荷減衰は考慮されていますか?

A:

北米規格ではフィルタ分類で電荷減衰は考慮されていませんが、規格の試験方法をご覧ください。『Ashrae 52.2 – Appendix J』では、0.03µm KCl粒子を使用したフィルタろ材の放電方法が記載されています。 この方法で得られた放電効率は、フィルタ分類に一切影響を及ぼしません。


欧州では、多くの規格の分類で放電効率が考慮されています。
- P – Mark:主に北欧で使用される規格
- SWKI:スイスのフィルタガイドライン
- EN779-2012 :最新改定版EN779規格
- Eurovent 4/11:フィルタのエネルギー分類規格

Q:

HVAC:H&V HVACフィルタろ材の等級はどのようになっていますか? ポケットフィルタおよびプリーツフィルタ用途にはどのような種類のフィルタろ材が推奨されますか?

A:

北米Ashrae規格52.2によると、H&Vのフィルタろ材の性能はMERV 8~15の範囲内です。欧州規格EN779によると、H&VのHVACフィルタろ材はF6~F9と評価されています。

ポケットフィルタ用途には、NanoWaveを含む帯電メルトブローフィルタろ材およびメカニカル メルトブロー フィルタろ材をお勧めします。

プリーツフィルタには、プリーツ加工可能なガラスおよび合成繊維を使用可能です。

Q:

コアレッサー:なぜ圧縮空気を浄化するのですか?

A:

圧縮空気が汚染されていると、流入する油の寿命が短くなり、漏れの原因になります。吸着フィルタろ材に油が染み込むと、その吸着効果が失われます。

Q:

コアレッサー:なぜガラスフィルタろ材を使用するのですか?

A:

ガラス繊維のフィルタろ材は0,1µ未満から50µを超える範囲まで油滴をとても良く除去できます。これらは寿命が長いデプスフィルタです。

Q:

クリーンルーム:コアレッシングとはどのような働きですか?

A:

a)重力、b)衝突、c)拡散という主に3つの物理的効果によるものです。

Q:

コアレッサー:気流速度はどのくらい重要ですか?

A:

表面積、微細繊維のフィルタろ材、および気流速度の組み合わせによって、エレメントの効率が決まります。

Q:

エンジンインテーク:H&Vの重機・建機・トラック用ディーゼルエンジンのエアフィルタろ材はキュアリングする必要がありますか?

A:

1.フィルタろ材にアクリルベースの樹脂が使用され、「低エネルギー」とされている場合、フィルタろ材は設計用途に合わせて既に十分にキュアリングされています。フィルタろ材性能を損なわずに加工をさらに最適化する場合は、ホットプレート、赤外線ヒーター、またはオーブンによる加温工程を追加することができます。

2.フィルタろ材にフェノール樹脂が使用され、オフホワイト/茶色である場合は、多少のキュアリングが必要です。詳細については、担当マネージャーにお問い合わせください。

Q:

エンジンインテーク:ラインマークとは何ですか?

A:

ラインマークとは、H&Vがフィルタろ材の下流側に付けたラインで、どちら側を空気流の「クリーン」な側(下流側)に向けるかを示します。ラインマークの色と間隔はグレードによって異なりますが、標準的な間隔は中心から中心までが約5センチ(2インチ)で、ラインマークの標準的な色は黒または青のいずれかです。

Q:

エンジンインテーク:重機・建機・トラック用ディーゼルエンジンのエアフィルタろ材を評価するために使用される通常の試験規格は何ですか?

A:

自動車または重機・建機・トラックなどのディーゼルエンジン用エアフィルタろ材またはフィルタのフラットシートやエレメント評価では、ISO 5011が試験規格として世界的に認められています。

Q:

ガスタービン/塵捕集装置:H&V製ガスタービン用エアフィルタろ材はキュアリングする必要がありますか?

A:

フィルタろ材にアクリルベースの樹脂が使用され、「低エネルギー」とされている場合、フィルタろ材は設計用途に合わせて既に十分にキュアリングされています。フィルタろ材性能を損なわずに加工をさらに最適化する場合は、ホットプレート、赤外線ヒーター、またはオーブンによる加温加工を追加することができます。

Q:

ガスタービン/塵捕集装置:ガスタービン用エアフィルタろ材を評価するために使用される通常の試験規格は何ですか?

A:

HVACおよびガスタービン用エアフィルタろ材またはフィルタのフラットシートやエレメント評価では、ASHRAE 52.2およびEN779(2012)の2つが試験規格として世界的に認められています。

Q:

ガスタービン/塵捕集装置:ガスタービン用途のパルスクリーニングにはどのグレードが最適ですか?

A:

H&Vでは、特にパルス用フィルタろ材としてNanoweb®を開発しました。Nanoweb層はカートリッジの汚染側(上流側)に配置され、そこではダストケーキが急速に形成されます。ダストケーキが急速に形成されることで、カートリッジからのケーキのパルスクリーニングが完全に行われます。このため、フィルタのサービス間隔が最適化され、ナノファイバーを使用しないと達成できない高いMERV等級(13~15)またはF等級(8~9)が実現しています。

Q:

医療機器:フィルタろ材またはフィルタの使用が認められるために合格しなければならない国内規格または国際規格はありますか?

A:

医療用フィルタ機器の試験には、ISO規格試験方法ISO 23328-1があります。これは、機器を呼吸シミュレータで湿気に曝露した後に実施される標準TSI 8130 NaClエアロゾル効率試験で、目的の用途に応じて設定されます。この規格では、必要なろ過効率要求レベルではなく試験方法だけが定義されています。

Q:

医療機器:医療用フィルタの最終的な性能は何の影響を受けますか?

 

A:

医療用フィルタの用途において重要なのは、呼吸抵抗が低いことです。Technostatには通気抵抗が低いというメリットがあり、主要な医療用フィルタメーカーがさまざまな用途に合わせて製造しているろ過装置で広く使用されています。

Q:

医療機器:Technostat Plusのメリットは何ですか?

A:

Technostatは、標準のTechnostatと同じ透過率レベルを達成しながら、坪量が20~25%減少しています。

Q:

医療機器:Technostatフィルタろ材の保管寿命はどのくらいですか?

 

A:

Technostatは摩擦帯電していて、元のパッケージに通常の保管条件下で保管される場合は、極めて安定しています。-20~+40°C、80%未満の相対湿度で保管することをお勧めします。

必要に応じて、通常の条件下での効率に関する5年までの保管寿命試験をご提供いたします。

Q:

分子フィルタろ材:ケミカルフィルタと分子フィルタの違いは何ですか?

A:

分子フィルタは、ケミカルフィルタと呼ばれるものとまったく同じです。これらのフィルタは、カーボンフィルタ、気相フィルタ、または吸着フィルタとも呼ばれます。

Q:

分子フィルタろ材:吸着とは何ですか?

A:

吸着は、液体または気体の分子が活性炭のような吸着材の内孔壁に付着する作用です。この力はファン デル ワールス力として知られています。

Q:

分子フィルタろ材: 分子フィルタにはどのような機能がありますか?

A:

分子フィルタは、室内空間で臭気、VOC、刺激物、および有毒ガスを除去して制御します。

Q:

分子フィルタ用ろ材:MFMは1つのシステムで臭気と微粒子を除去できますか?

A:

H&V製の分子フィルタろ材は、1つの材料で分子フィルタと微粒子フィルタの機能を兼ね備えています。

Q:

分子フィルタろ材:すべての分子混入不純物を処理するために、フィルタろ材を標準的な活性炭と共に使用できますか?

 

A:

MFMは、さまざまな分子混入不純物を処理するように設計できます。フィルタろ材の選択は、分子混入不純物が臭気、VOC、酸、ベースガスのどれであるかによって異なります。

Q:

分子フィルタろ材: VOCとは何ですか?

 

A:

揮発性有機化合物(VOC)には天然のものと合成のものがあり、特定の固体または液体から気体として放出されます。VOCに分類される化合物は無数にあり、中には短期または長期にわたって健康に悪影響を及ぼすものもあります。 VOCは、多くのさまざまな生成物から排出される可能性があります。以下の例があります。ペイントおよびラッカー、清掃用品、農薬、建築資材および用品、コピー機やプリンターなどのオフィス機器、のりおよび接着剤、パーマネント市場。

Q:

分子フィルタろ材:分子フィルタと粒子フィルタの違いを教えてください。

 

A:

 

分子フィルタ

粒子フィルタ

ガスのフィルタ用に設計

粒子のフィルタ用に設計

負荷に関係なく、圧力損失が一定

時間の経過と共にフィルタ効率が低下

時間の経過と共にフィルタ効率が低下

時間の経過と共にフィルタ効率が向上

フィルタが見えない

フィルタが見える

フィルタを評価するための基準と試験手順を開発中

フィルタを評価するための基準と試験手順が既にある

Q:

呼吸保護:H&V製レスピレーター用フィルタろ材はNIOSHや他の政府の認可を受けていますか?

 

A:

完成品のフェイスマスクとレスピレーターは、NIOSHや政府の認可(使い捨てマスク用のEN 149など)を受けていますが、フィルタろ材は認可を受けていません。

H&Vは、指定された試験速度でのフィルタ効率とフィルタろ材の抵抗に基づき、特定のフェイスマスクやレスピレーターに最適なフィルタろ材をお勧めいたします。ただし、マスク性能の証明と、必要な政府認証の取得はすべて、フェイスマスクメーカーの責任において行われます。

Q:

呼吸保護:マスクやレスピレーターの最終的な性能に影響を与える可能性がある特性を教えてください。

 

 

A:

指定された試験の前面風速におけるフィルタろ材の効率と抵抗は、レスピレーターのフィルタろ材にとって最も重要です。

フィルタろ材のサイズ、構成、および加工も、レスピレーターの最終的な性能に影響を及ぼす場合があります。フィルタの有効面積は、フェイスマスクの効率と抵抗に直接影響を与えます。フィルタの有効面積が大きいほど、マスクを通る空気の表面風速が小さくなります。その結果、効率が高まり、フィルタの抵抗が小さくなります。

さらに成形、密閉、プリーツ加工などによるフィルタの加工も、レスピレーターの性能に影響を与える場合があります。

Q:

呼吸保護:フィルタろ材の成形、密閉、プリーツ加工を行うことができますか?

 

A:

メルトブローとTechnostatは両方とも成形することができます。成形マスクの製造について、H&Vは6~8秒間で摂氏105~108度という条件を推奨しています。これらの条件は、不織布のフィルタろ材を保護する外側のシェルがフィルタろ材と加熱ダイプラテンの間にあると仮定した場合、メルトブローやTechnostatフィルタろ材のフィルタ特性に影響を与えません。フィルタ材が伸縮しないよう注意する必要があります。これらは、フィルタ材の効率に影響を与える穴や破損の原因となります。一部の最終製品では、メルトブローまたはTechnostatフィルタろ材の密閉が必要です。密閉するには、熱または超音波による方法があります。

これらの用途には、プリーツ加工できる当社のマイクロファイバーガラスのフィルタろ材を推奨します。フィルタろ材をプリーツ加工した裏地層で支える場合は、Technostatおよびメルトブローをプリーツ加工することもできます。

Q:

呼吸保護:レスピレーターのフィルタろ材の保管寿命を教えてください。

 

A:

メルトブローおよびTechnostatフィルタろ材は両方とも、帯電しています。元のパッケージに正常な保管条件下で保管する場合、どちらのフィルタろ材の帯電も極めて安定しています。フィルタろ材は、UV光、極限温度、および水分の影響から保護された環境で保管する必要があります。

Q:

呼吸保護:ポリプロピレンメルトブローの正常な保管条件を教えてください。

 

A:

フィルタろ材は40℃以下の温度で元のパッケージで保管し、UV光から保護してください。既に開封しているパッケージを保管する場合は再パッキングして、その他の環境劣化から保護する必要があります。

フィルタろ材自体は、水分および過度の湿度に対して安定していますが、保管時は相対湿度が80 %を超えないようにしてください。

Q:

呼吸保護:レスピレーターのフィルタろ材の環境劣化および化学品に対する安定性に影響を与える要因を教えてください。

A:

2つの主な要因によって、フィルタろ材の安定性が決定されます。

ポリマーの安定性に関連する、機械的/化学的安定性

フィルタ特性の安定性は、帯電に基づきます。

Q:

呼吸保護:ポリプロピレンフィルタろ材の加工に必要な温度を教えてください。

A:

ポリプロピレンの融解温度は156~160℃です。ポリマーは、長期にわたり最高120℃でポリマー劣化を生じることなく加工できます。0℃を下回ると、ポリプロピレンはやや脆弱になります。

ポリプロピレンは強い鉱酸、塩基、および多くの有機溶媒に対して安定です。無極性の溶媒は、ポリマーの膨張や溶解の原因となる可能性があります。

UV光に対するポリプロピレンの安定性は限定されています。これは、繊維の黄ばみと、機械特性の低下の原因となる可能性があります。

Q:

呼吸保護:水分や熱は帯電に影響を与えますか?

 

A:

湿度は、フィルタろ材のフィルタ特性に影響を与えません。フィルタろ材を24時間水に浸し、乾かした場合でも、フィルタ効率と圧力損失値は変化しません。 したがって、ポリマーに静電気が生じた後、湿度の影響はほとんどありません。

その一方で、温度はフィルタろ材のフィルタ特性に影響します。暴露量と暴露時間によっては、熱によりフィルタろ材の効率が低下します。

暴露時間が短い場合(3日以下)、H&Vは摂氏55度を超えないよう推奨しています。

Q:

呼吸保護:Technostatの保管方法を教えてください。

A:

Technostatは、摩擦帯電したフィルタろ材であり、元のパッケージで正常な保管条件の下で保管した場合は極めて安定しています。-20~+40°C、80%未満の相対湿度で保管することをお勧めします。

必要に応じて、通常の条件下での効率に関する5年までの保管寿命試験をご提供いたします。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software